忍者ブログ

幸せな魔法・・・自分改造計画

♪やらなきゃ成らない♪でも、♪無理しない♪  魔法のようなものがあればラクなのに、、、と思いながら、狙った自分になるよう日々を過ごし、気になったことを書きたいように書きます。 株で損したお金を取り戻したい日々です。 誹謗中傷については程々でよろしく。イヤなら読まないで下さいね。 ★転載、転用につきましてはご自由にどうぞ。その際、当ブログを紹介してもしなくてもOKです★

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の知恵が接待になっている

「お中元」
 
半年に1回の贈り物の時期。
 
でも、個人事業主の我々(同居人・私)は
仕事と同じくらい大事なことなんだよな。
 
子供の頃は家に届くものだったお中元・お歳暮といったご挨拶。
 
♪な・つ~の元気なごあいさつ~♪
 
贈り物をしているだけで、何か仕事などあった時に思い出してくれたりする。
それだけで「優先権獲得」出来ていたりする。
日本人ならではかも!
 
以前、勤めていた会社でそういった贈答品を手配することもあったし、
親が入院した時にお見舞いのお返しをしたこともあった。
なので、送ることに抵抗はない。
 
ただ、仕事づきあいで送ることとして意味を感じていなかった。
単なる挨拶、仕事世話してくれたからから送っておく。
そういう浮世の付き合い的モノという感覚。
 
今は夜の街の接待・接待ゴルフ・接待釣り・接待麻雀など減ってきたからか、
お中元・お歳暮が以前よりも重宝してきている。
 
しかも、同居人は全くお酒を飲まないので(酒が美味しく感じないらしい)
少々、贈答品にお金をかけても、
全体的には飲み屋代と比べるとお金がかかっていない。
 
ただ、同居人の場合は、
担当者のちょっとしたワガママ聞いて他の現場をチェックして意見を出してあげたり、
社長の家のちょっとした事を安く対処してたりする。
 
ちょっとした便利屋さんをしてる。
時には、全くお金にならないような、その会社の現場見て回って、
いろんな知恵を出したり。。。
こういった意見出しについては、
時間が1日かかったとしてもお金は発生しないことが、ほとんどだ。
 
私はコレを、一種の営業として見ている。
 
同居人のやり方、イマドキだと思う。
だからか、同居人は仕事が切れることが殆ど無い。
 
すごいな~
 
接待ばかりが営業じゃないのね。
営業もこういった「人との違い」が大切。
 
お中元が終わったらまた次のやること片付けなきゃ、♪やらなきゃならない♪

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

プロフィール

HN:
十三三(とみみ)
性別:
非公開

クリック募金

クリックで救える命がある。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新トラックバック

最新コメント

[07/31 ・・・]

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 幸せな魔法・・・自分改造計画 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]